桜桃栽培とゴルフ・音楽・時事ネタ

サクランボ栽培とゴルフとオリジナル音楽制作と時事ネタについて、ゆったりと更新していきます。山形から発信しています。

桜桃開花

今の時期に桜桃が開花するわけはないですよね。。。

昨日は朝のうちはそこそこのいい天気で、天気図では日本海に低気圧が入ってきているんで、「こりゃ数時間は持つな、と」畑に。

出掛ける前の気温です。
微妙に氷点下。
気温

で、畑に着いてみるとこんなん!
霧氷

ムヒョ~!綺麗です。芽の先っぽのところがイイ!ですね。
花が咲いたように見えなくもないです(あ、見えませんか、失礼しました)

本日のターゲットはこの2本。
20年生くらいと40年生くらいの佐藤錦です。
午前中で終わりたいものです。
ターゲット


剪定というか、樹形としては主幹→主枝→結果枝 という単純な構成が望ましいんですが、
なんせ、昔からある木を改善するので、必ずこういう樹形にできるとは限りません。
一般的には、「開心形」という範疇ですが、ウチの樹形はそういう典型的な形にできないままの樹もおおいですね。

ま、基本的に強い結果枝を作る、という姿勢です。
たとえばこんなん!
力のある結果枝

これを剪定すると
結果枝の剪定後

このように3年枝から1年枝が10本くらい出てくれると理想的です。曲がり具合もサイコーです。
まっすぐな枝はあまりよくないです。

こんな結果枝の花芽の様子(剪定後)です。
花芽

結果枝野先端部分ですが、このように延長枝の元の部分とその下の1年枝を切り詰めて残った花芽は長果枝の花芽ですんで、2L,3Lは当たり前に成ります。しかも1か所に最低5個くらい。
この画像で短果枝も見えていますが、そこのところはせいぜい1個か2個くらいしか付きませんね。大きさも2Lがやっとです。(以上佐藤錦のばあい)

ま、他の品種はどんな花芽でもちゃんと付きますから、、、


そう考えると佐藤錦だけは桜桃の中でも特別の品種なのかなぁ~と思っております。

スポンサーサイト

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ナイス画像!
綺麗な開花です。これぞ自然の造形美ですね。

いい仕事してますね。
大きな花芽が良玉を約束しているような・・、
長果枝栽培やってみたいです。(^_^)

しお | URL | 2013-02-08(Fri)17:12 [編集]

Re: タイトルなし

>しおさん

いつもありがとうございます。

画像は昨日2/7です。微妙な氷点下ですとこんな「花」が咲くことがありますね。

花芽自体は昨年並み~ちょっといいくらいでしょうか。
例年並みの作柄は花芽を見る限り約束されていると思います。
あとは開花期の天候ですね。。。
今年からは、秘密兵器を使ってみますが、「秘密兵器」だけに公にできない大失敗だったりして。。。

等と考えております。

> 大きな花芽が良玉を約束しているような・・、
> 長果枝栽培やってみたいです。(^_^)

しおさんのところでも、もうすぐですよん。
例の方法がうまく行ったら、ザクザク・・・・

S.F.Taka | URL | 2013-02-08(Fri)20:03 [編集]

ウッヒョ~。綺麗ですね。
他の品種はどんな花芽でもちゃんと付きませんです。(笑)
佐藤錦は特に難しいのですね。
紅秀峰あたりが簡単なのでしょうか。
今度簡単品種特集をお願いします。

3年枝にたくさん1年枝が出るようにしたいですね。

日本一の果実 | URL | 2013-02-08(Fri)20:59 [編集]

Re: タイトルなし

>日本一さん

毎度ありがとうございます。

時々こういう霧氷が綺麗に見えることがありますが、画像にできたのは初めてであります。

> 他の品種はどんな花芽でもちゃんと付きませんです。(笑)
> 佐藤錦は特に難しいのですね。

佐藤錦が特に難しいわけではないと思います。葉を適期まで残せば大丈夫です。

> 紅秀峰あたりが簡単なのでしょうか。
> 今度簡単品種特集をお願いします。

そうですね。紅秀峰は短果枝にもちゃんと実が付きますから栽培しやすいと思います。
日本一さんは紅秀峰お持ちですよね(?)
樹勢を落とさないことです。

> 3年枝にたくさん1年枝が出るようにしたいですね。

そうです。これがいい花芽を作るコツでしょうね。
日本一さんも頑張ってください。

S.F.Taka | URL | 2013-02-09(Sat)16:47 [編集]

霧氷綺麗ですね~。さすが寒いだけある!(笑)
それにしても立派な花芽ですね~。
下のBefore & Afterの剪定で、太い枝に近いところの枝を長いままにしてあるのは、どういうご意図でしょうか?絶対何か意図があるんだと思うんですが、まだ読めない未熟な私です。

tangor農林8号 | URL | 2013-02-10(Sun)21:48 [編集]

Re: タイトルなし

>tangorさん

流石です。よく気づかれましたね。
> 下のBefore & Afterの剪定で、太い枝に近いところの枝を長いままにしてあるのは、どういうご意図でしょうか?絶対何か意図があるんだと思うんですが、まだ読めない未熟な私です。

この「く」の字に曲がった3年枝は来年切除します。
だと・・・
ここの主枝部分に枝がなくなってしまいますね。(の可能性がありますね)
そのための更新枝ということになります。

結果枝は主枝本体からなるべく直角方向に発生したものがいいんですが、工業規格品ではありませんので
臨機応変に更新枝を求めざるを得ないことも多いです。
今ある結果枝は主枝からほぼ直角方向に発生していますので、まぁ理想的ですが、更新の枝を結果枝から発出したものに求めるときは、こういう枝になる場合が多いです。
まぁ、今シーズン新梢が発生する場合もありますが、(それならそれでいいんです)その場合でしたら、その時にかんがえます。

結構出たとこ勝負!みたいな所もありますね(笑)

では出羽、コメントありがとうございましたっ!

S.F.Taka | URL | 2013-02-11(Mon)09:55 [編集]