桜桃栽培とゴルフ・音楽・時事ネタ

サクランボ栽培とゴルフとオリジナル音楽制作と時事ネタについて、ゆったりと更新していきます。山形から発信しています。

復活の兆し

弱っていた月山錦でありますが、、、

剪定の時から悪くない感じでありました。
それは、主幹から出ている枝が結構枯れているのが見られたからですね。。。

色んな原因で弱ってしまった桜桃樹が復活してくるときは、結構な確率で枯れる枝が出てきますね。
まぁ、そうやって活力を集中させようとしているんじゃないかと考えるわけですが。

3瀕死の月山君

このように枝がスカスカであります。
そんで、樹勢回復のために、短果枝はすべて花芽を欠きとってあります。
残してある花芽は長果枝と若干でも伸びかけた短果枝であります。

で、この開花状況は。。。

4月山錦花

ねね、案外悪くないんですよ。

残っている枝からはこのように、、、

5不定芽

とか

6不定芽

の様に不定芽が多数。

だから悪くないんじゃないかと思い、受粉作業であります。

使用花粉は最強の「紅きらり」

ちゃんとした論文でも最強であります。
紅きらりの受粉樹としての特性

なので、信じて「紅きらり」であります。

1花粉

これは28日に精製した紅きらりの花粉ですが、一度冷凍庫に入れちゃいましたので、再活性させました。
その方法は、、、

桜桃花粉の活性化方法

に準じて行っております。

2石松子

このように石松子も1g程度入れまして、準備完了であります。

上記純花粉の量は3g程度であります。

ま、これで月山錦は勿論、ジョイントとか寿錦とかやってもまだ1/4程度残っております。




[広告] VPS


ついでに今日の日中の和梨に来た蜂の様子であります。

わかるかなぁ~
3種いるんですが、画像では区別が難しいですね。。。



ま、そんなところで。





では出羽。。。
スポンサーサイト

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

月山錦の回復傾向は嬉しい光景です。
不定芽が出るとは素晴らしい兆候ですね。
情報リンクも有り難い事です。

動画のハチは見えますが、さすがに種類判別は無理でした。

しお | URL | 2017-04-29(Sat)21:50 [編集]

Re: タイトルなし

>しおさん

いつもコメントありがとうございます。


> 月山錦の回復傾向は嬉しい光景です。
> 不定芽が出るとは素晴らしい兆候ですね。

そうなんですよ。剪定の時からいい感じだな~と思っていたんですが、根元を少し掘ってみても細根がザクザク出ておりまして、だいじょうぶではないか、と考えております。
なので、紅きらりで受粉してみました。

> 情報リンクも有り難い事です。

これはいつか話していた論文です。
リンクが変更になったので行方不明でありました。

> 動画のハチは見えますが、さすがに種類判別は無理でした。

ですよねぇ~
梨だけでなく桜桃にもブンブン飛んでおりました。
なので、月山錦にだけ人工授粉して、あとはお任せ受粉を決め込みました。
開花期にいい天気が続きそうです野井出、今年もそこそこの豊作が見込まれます。

S.F.Taka | URL | 2017-04-30(Sun)11:27 [編集]

月山錦の復活は嬉しいですね。
あっ。
Takaさんもフサフサの兆しが。
こちらも復活を願いたいですね。

今年、紅きらりの花粉で各種人工授粉を試みました。
概ね順調に行きました。
紅きらり様々です。
唯一、順調に行かなかったのが月山錦。
月山錦はやはり手強いですね。

今年も月山錦のお手本を拝見しながらまた考えます。


日本一の果実(FC3) | URL | 2017-04-30(Sun)13:07 [編集]

Re: タイトルなし

>日本一さん

いつもコメントありがとうございます。


> 月山錦の復活は嬉しいですね。
> あっ。
> Takaさんもフサフサの兆しが。
> こちらも復活を願いたいですね。

ぎゃはは。。。
前者はまぁ確実っぽいですけど、後者は確率0ですね。。。(悲)


> 今年、紅きらりの花粉で各種人工授粉を試みました。
> 概ね順調に行きました。
> 紅きらり様々です。

本文にもリンク上げておきましたが、紅きらりは最強です。

> 唯一、順調に行かなかったのが月山錦。
> 月山錦はやはり手強いですね。

それでも月山錦は難しいですね。頑張りましょう。
月山錦の場合、短果枝は最初から花芽を取っている方がいい結果になると考えるようになりました。
復活した月山錦はそのようにしてありますが、そうでない最初から元気な月山錦の花と比べて圧倒的に花芽を取ったものがいい花を咲かせています。樹勢はちがうんですけどね。。。

> 今年も月山錦のお手本を拝見しながらまた考えます。

上手くいくといいんですが、こればっかりはまだ暗中模索の状態です。
早く栽培方法を確立したいですね。

S.F.Taka | URL | 2017-05-01(Mon)08:57 [編集]