桜桃栽培とゴルフ・音楽・時事ネタ

サクランボ栽培とゴルフとオリジナル音楽制作と時事ネタについて、ゆったりと更新していきます。山形から発信しています。

南陽

いや、ウチんじゃないです。
出荷業者の成木の南陽を数年前から剪定しております。
ここは例の50年生などがある畑と農道隔てて隣になるんですが、、、

樹勢が強すぎまして、花芽が付きませんでした。。もう30年生にもなるのに収穫はほんの2Kg程度。

ナンボ南陽が付きにくいと言っても、30年生で2Kgじゃぁ怒りが込み上げてくるのは当然。
伐採するっ!というのをなだめすかして、免れさせておきました。

勿論剪定をSFTがやる、という約束であります。
当たり前の収穫が出たら、収穫物の1/4を頂く、という約束であります。

そんなわけで、伐採されることになっていた南陽の成木を剪定するようになって3シーズンであります。
昨シーズンは10Kgほど収穫があって、たいそうな喜びようでありました。
今シーズンはまぁ、30Kgと風呂敷広げておきましょう!

剪定前3枚

前南

前東

前主枝

このように1年枝は多いですが、品種特性として主枝本体からはそう多くの1年枝は発生しませんし、結果枝から発生した1年枝もそう多くないですね。
ただ、発生した1年枝は無駄に徒長しないものが多く、その基部の花芽(長果枝の花芽)は非常に充実しております。

そのあたりが品種特性なわけでありますが、これを考慮に入れて樹勢のコントロールをしないと、以前の様に暴れる樹勢で花芽が付かない、ということになります。
とにかくこの南陽という品種は、幼木のうちはジャボレーとかレッドグロリーなんてもんじゃないくらい短果枝を作らないので、へたすると10年生くらいまで花が1個も咲かない、なんてことがありますね。
その時点までにいかにして花芽を付けさす剪定ができるか、が腕の見せどこであります。

一転して、花芽が付きだしますとこの樹の様に1年枝があまり発生せず(比佐藤錦)長果枝の花芽が若干少ないか、みたいになります。

剪定後3枚

後南


後東

後主枝

まぁ正直なところ自分の樹じゃないんで、主枝的枝が大杉であります。
あと3年管理したら、素晴らしい南陽になると思います。
その時にはこの樹1本で80Kg前後の収穫ですね。勿論90%は3L規格であります。
SFTの取り分は20Kg位になりますね(=^・^=)
だと、、、面白いでしょ。


ま、そんなところで。



では出羽。。。

スポンサーサイト

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

これが、例の南陽ですね。
大玉で美味しい南陽が80kgの収穫は、圧巻の実成でしょうね。

1/4の分け前が楽しみです。

しお | URL | 2016-02-15(Mon)07:14 [編集]

Re: タイトルなし

>しおさん

いつもありがとうございます。

> これが、例の南陽ですね。
> 大玉で美味しい南陽が80kgの収穫は、圧巻の実成でしょうね。

そうです。話だけでしたがこうして画像で見ると結構大きな樹です。
そのうちとらたぬが現実になったら面白いんですが。。。


> 1/4の分け前が楽しみです。

いつになりますかねぇ~
今シーズンは人工授粉してみて、どうなるか楽しみなところもあります。

S.F.Taka | URL | 2016-02-15(Mon)13:50 [編集]

樹勢が強過ぎて花が咲かないのは困ります。
これは手に負えません。
私も1本諦めたものがあります。
13年生でしたが。
これも技術の無さと言う感じがしました。
品種によって難易度が随分違いますね。
やはり桜桃は奥が深いです。

日本一の果実(FC) | URL | 2016-02-16(Tue)07:47 [編集]

Re: タイトルなし

>日本一さん

毎度コメントありがとうございます。

> 樹勢が強過ぎて花が咲かないのは困ります。
> これは手に負えません。

そうなんですよ。
桜桃栽培で一番困るのがこれであります。

> 私も1本諦めたものがあります。
> 13年生でしたが。

おや、そうでしたか。。。

> これも技術の無さと言う感じがしました。
> 品種によって難易度が随分違いますね。

そうですね。品種特性を把握することは大事ですね。
基本的に短果枝を作りやすい品種は栽培が簡単です。

> やはり桜桃は奥が深いです。

それが面白さであります。

S.F.Taka | URL | 2016-02-16(Tue)19:07 [編集]