桜桃栽培とゴルフ・音楽・時事ネタ

サクランボ栽培とゴルフとオリジナル音楽制作と時事ネタについて、ゆったりと更新していきます。山形から発信しています。

一休み

収穫期間の中休みです。
皆さん疲れてしまいました。。。
土曜日から再開して、一気呵成に佐藤錦を終了させますっ!
多分来週火曜日でおわるんじゃないかな、と。

さて、昨日21日の画像です。ここは明日23日でやっつけるつもりの畑です。
品評会にもここからですね。

25年生佐藤錦

葉がたくさん

このようにあまり付いているように見えませんが、寄って葉を持ち上げると。。。
葉をよけると
このようにごじゃごじゃ付いてます。

ごじゃの間に葉があっても
間に葉があっても
着色は良好ですね。。。
葉摘みすることなどまったく必要ありません。
やっている人も多いですが、気の毒に思います。大変だろうなぁ~と思います。

理想的な付き方です。

理想的付き方

最後は正しい主枝と結果枝の位置関係(22年コルト台佐藤錦)
やはり新梢がたくさん出ますが、樹冠は暗くなりません。
これは主枝が上下に重ならない樹形のためです。
主枝が重ならなければ、新梢がいくら出ようと、葉がいくらたくさんあろうと暗くなりません。
主枝と結果枝の正しい位置関係

なとこで。
スポンサーサイト

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

桜桃ほど短期決戦の果樹はありません。
この時期は風邪も引いてられませんね。
葉の多さも半端ではありませんね。
この葉があるからこそ立派な桜桃が出来るのでしょうね。
葉が少なければ養分も作り出せません。
枝に養分が無ければ葉数も減ります。
全てが繋がって行きます。
見事なサイクルです。
これを実践されているのが一番凄い所です。
一年で一番輝く時期です。
収穫が終わってから寝込まないようにして下さい。

日本一の果実 | URL | 2012-06-22(Fri)21:01 [編集]

Re: タイトルなし

>日本一さん

いつもありがとうございます。

桜桃は確かに短期決戦です。したがって実が付いてから何かしたっていいものは採れません。
つまり前年にどれだけ花芽に栄養を蓄えさせるか、これがコツと言いますか正しい栽培方法です。
いつも言っている葉摘みなど、最低の手段です。
葉がちゃんと働けば、色は来ます。葉摘みで色を付けるのは単に「日焼け」でしょう!

とにかく葉を大事にし、自然落葉まで維持することです。
頑張ってください。

さて、本日は品評会がダブルであり、とりあえずJAさがえ西村山では「金賞」でした。
昨年に続き入賞ですが、ランクが1個上がりました。

S.F.Taka | URL | 2012-06-23(Sat)13:02 [編集]