桜桃栽培とゴルフ・音楽・時事ネタ

サクランボ栽培とゴルフとオリジナル音楽制作と時事ネタについて、ゆったりと更新していきます。山形から発信しています。

畑FとSS印苗木ぞくぞくっ!

湿った雪と強風の天気でありますが、コタツで(=^・^=)になっているわけにはいきませぬ。
畑Fにはまだ剪定(縮伐)しなければならない樹があと4本残っております。

昨日まで二日雨が降りまして、かなり地面が見えてきましたが、今日は新雪が少し積もっておりました。

それより、、、寒い。。。

というわけで、この樹をまずやっつけようかと。
1全体前

ご覧のように、例によってごちゃごちゃであります。
主枝的太枝が大杉ですし、樹高も高いです。

なのでこれを改善するために、とにかく原則通りに切ることですね。
原則というのは。。。
1、上下に重なった主枝的枝は、上を切る
2、結果枝的枝は、なるべく主枝に寄せる
3、先端まで短果枝となった枝は根元から切る
4、主枝先端を決めて、それと競合する枝は根元から切る
5、なるべく南東方向を低く、北西方向を高く残す

ま、5については例えば宇宙線観測所にあるパラボラアンテナをイメージして、それが南東に向いてる、と考えれば良し
ですね。。。

というわけで、やります。

2主枝前寄る
これだとどこが主枝先端なのか分かりません。競合枝もありますしね。

引きますと、こんなんです。
3主枝前引く

これをこんな風に。。。
4主枝後

あまりいい枝に主枝先端を求めることができませんでしたが、今シーズンの成長に期待します。

全体は、
5全体後1

角度変えて、
6全体後2


こんなんですとまずまずかな、と。


それで、昨日ですが東海の名人しおさんからSS印苗木が届きました!!


じゃぁ~ん!!
7SS印苗木
根の様子です。
コルト台北光
8SS印根

ありがとうございましたっ!m(_._)m
スポンサーサイト

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

悪天候でも負けていない剪定作業は乙です。
この悪天候も今年最後にして欲しいですね。

お粗末苗ですが、SFT家で大きく成長して欲しいと願っています。必要な分だけ残して下さい。


しお | URL | 2014-03-21(Fri)14:40 [編集]

Re: タイトルなし

>しおさん

コメントありがとうございます。また苗木も素晴らしい出来で、活躍が期待できます。

> 悪天候でも負けていない剪定作業は乙です。
> この悪天候も今年最後にして欲しいですね。

いやぁ~、畑に出る日に限って天気が悪く、往生しています。
今日は3度までしか気温も上がらず、ずっと降っていました。
太平洋岸に比べれば大したことはないんですが、寒い一日でした。
何とか目途は立ちました。午後も1本だけですが片づけましたので、残りは2本だけです。
うまく行けばあと1日で終わりますが、今度の日曜も悪いみたいですねぇ~

> お粗末苗ですが、SFT家で大きく成長して欲しいと願っています。必要な分だけ残して下さい。

いやいや、立派な苗木でしたよ。
まだ植え付けられないので、バケツの中で養生中です。

S.F.Taka | URL | 2014-03-21(Fri)16:51 [編集]

正に生きた教本ですね。勉強になります。
2.の結果枝的枝を主枝に寄せるとあります。結果枝が主枝から離れて行きますと養分が届きにくくなりますか。
私は冬に指先が凍るように冷たくて往生しております。
体の養分が先端まで届かない傾向があります。
手袋をしたりして凌いでおりますがなかなか往生際も悪いです。

北光は今年わざと雨に当ててみます。
これがうまく行きますと路地栽培で貴重な品種になりますね。

日本一の果実(FC) | URL | 2014-03-22(Sat)06:46 [編集]

Re: タイトルなし

>日本一さん

何時もコメントありがとうございます。

> 2.の結果枝的枝を主枝に寄せるとあります。結果枝が主枝から離れて行きますと養分が届きにくくなりますか。

結果枝の更新の時に、主枝本体から発生している枝に更新できればいいんですが、やむなく切除予定枝の途中から発生した枝にバトンタッチすることも多いです。
そうした更新を2回もやってしまうと、最初の結果枝の部分がかなり長い時間残ることになり、いわゆる亜主枝的枝になってしまう時があります。
そうなった場合に、主枝先端部よりも強くなって、バランスが崩れることがあり、樹形を乱す一番の原因です。
そうならないためには(結果枝の途中から発生した1年枝を更新用枝としなくても良い)常に主枝本体から1年枝が多数発生する樹勢の強さをうまく維持することが必要です。


> 私は冬に指先が凍るように冷たくて往生しております。
> 体の養分が先端まで届かない傾向があります。
> 手袋をしたりして凌いでおりますがなかなか往生際も悪いです。

いや、冬場で雨っぽい天気の時は同じですよ。。。

> 北光は今年わざと雨に当ててみます。
> これがうまく行きますと路地栽培で貴重な品種になりますね。

北光はあまり画像に撮る時がないんですが、去年の7月に露天の北光を見ましたら、実割れは一つもありませんでした。
あまりおいしい品種ではありませんが、受粉樹として育成中です。

S.F.Taka | URL | 2014-03-22(Sat)17:11 [編集]