桜桃栽培とゴルフ・音楽・時事ネタ

サクランボ栽培とゴルフとオリジナル音楽制作と時事ネタについて、ゆったりと更新していきます。山形から発信しています。

自分にプレッシャーをかけるぅっ!

・・・のつもりです。
紅秀峰なんですが、まぁ、この品種、慣れていないせいでいまいちのシーズンが続いております。
というわけで、こうして晒してしまえば少しは真面目にヤルんじゃないかな、と。。。

一応摘果は終わりました。
こんな感じですね。

紅秀峰全景



2年結果枝の長果枝部分の状態です。
これじゃぁ摘果していないんじゃないか、と思われるかもしれません。

紅秀峰結果枝

摘果は短果枝の部分だけ、1果そう2果に制限しております。
てか、これも実験的摘果なんですが、講習会でもこんな摘果の方法は言っていませんので、独自の方法です。


さて、どーなりますやら(笑)

スポンサーサイト

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

勿体無い!
摘果された桜桃を家の桜桃にくっ付けておきたいくらいですね。
素人からしますと紅秀峰のような豊産品種は有難いって思ったりします。

日本一の果実 | URL | 2013-05-22(Wed)20:08 [編集]

Re: タイトルなし

>日本一さん

> 勿体無い!
いや、そうなんですが、紅秀峰は短果枝部分に10個以上も付きますんで、それが問題になるんですよ。
結局は樹1本の結実のうち半分は摘果する割合になるようです。

> 素人からしますと紅秀峰のような豊産品種は有難いって思ったりします。
この品種は侮れませんん。
趣味栽培家だけでなく、営農でも重要な位置を占めるようになってきました。
佐藤錦と違い、安定した結実は魅力です。

かと言って、SFTの園地で紅秀峰をメインとする気は全くないんですが。。。
今のままで(成木1本、幼木2本)十分に多すぎるくらいです。

いつもいつもコメントありがとうございます。

S.F.Taka | URL | 2013-05-22(Wed)21:14 [編集]