桜桃栽培とゴルフ・音楽・時事ネタ

サクランボ栽培とゴルフとオリジナル音楽制作と時事ネタについて、ゆったりと更新していきます。山形から発信しています。

気になるあの品種

ごく一部の方に大人気のあの品種です。

月山錦

ウチの樹はまだ6年生の幼木ですが、去年は150個くらいでしょうか。

さてさて、今年の様子は、というと。。。

月山1

とか

月山2

とりあえずこんな状態ですが、結実したところを数えてみましたら、250個!
概ね目通りまでの枝だけですが、これくらいありました。
となると、あと100個位はくっついちぇいるんじゃないかと思います。
その後の生理落果で落ちる分を差し引いてもまぁ300個位は収穫できそうですね。

あともう1本、同じ樹齢・台木の樹がありますが、そちらは人工的に何も授粉しなかった方です。
大雑把に数えてみると・・・・

てか、数える気にもなれない。。。
付き方が非常に少ないです。

同じ「紅きらり」を挟んで両脇にあるのですが、受粉作業した方としない方では相当の差があります。

やはり、やるべきことをやらなくちゃいけませんね。。。

では出羽。
スポンサーサイト

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 月山錦といえども、適正な花粉を確実に受粉させれば普通の桜桃と同様の結実が得られるということが証明されたわけで、御同慶の至りとはこんな時に使う言葉でしょうね。

ただし、訪問昆虫による受粉成績が良くないのは、不適正花粉または自己花粉が、受粉の阻害要因になっているのではないかという説は捨てきれません。



tomoki | URL | 2013-05-15(Wed)15:43 [編集]

Re: タイトルなし

>tomokiさん

毎度コメントありがとうございます。

>  月山錦といえども、適正な花粉を確実に受粉させれば普通の桜桃と同様の結実が得られるということが証明されたわけで、御同慶の至りとはこんな時に使う言葉でしょうね。

そうですね。月山錦でも何とか受粉すればイケるようです。
昨年、一昨年と真面目に数えてみましたら、月山錦でも20%前後の結実(収穫時)がありました。
そう考えると、そんなに悪いわけではありません。
ただ、花数がやたらめったらすくないので、収穫量としてはやはり少ないですね。

> ただし、訪問昆虫による受粉成績が良くないのは、不適正花粉または自己花粉が、受粉の阻害要因になっているのではないかという説は捨てきれません。

今回の「人工授粉」と称した作業は、隣にある紅きらりを梵天で撫で、すぐに月山錦を撫でるという極めて原始的な作業でした。1回に付き約3分ほど。それを3回やっただけです。
そう考えると、花粉が悪いとは言えないでしょうね。

自然授粉の効率の悪さは、月山錦の樹と花の形にあると思います。
他の品種と違って、月山錦は枝が細く長く、開花している花の軸も圧倒的に長いので、少しの風にゆらゆら揺れます。他の(佐藤錦とか)品種では動かないような風でも月山錦はよく揺れます。蜂の動きを見てみますと動く花にはなかなか止まりませんね。
そういうことが受粉率の低下になるんだろうと思っています。

S.F.Taka | URL | 2013-05-15(Wed)16:45 [編集]

月山錦は生らなくとも非常に楽しみな桜桃です。
生らないので楽しめる訳でして生ってしまえば興味から外れてしまうかもしれません。
非常に面白い桜桃ですね。
今年紅きらりで確実に人工授粉をしたつもりでしたが見向きもされませんでした。
また来年ですね。

日本一の果実 | URL | 2013-05-16(Thu)04:24 [編集]

紅きらりオンリーの授粉が現時点ではベストな選択でしょうね。
結局、我が家は今年もゼロとなりました。
来年は、授粉樹の開花も多少増加するのに期待したいところです。
難しいことは考えずに、良い授粉樹を確保が最良の手段と改めて実感しました。

しお | URL | 2013-05-16(Thu)18:23 [編集]

Re: タイトルなし

>日本一さん

いつもありがとうございます。

> 月山錦は生らなくとも非常に楽しみな桜桃です。
> 生らないので楽しめる訳でして生ってしまえば興味から外れてしまうかもしれません。
この品種の持つある種「妖しさ」はいいですね。
案外「毒」もあるかもしれません。
ま、毒がなけりゃフグもただの不格好な魚だけですが。。。

> 非常に面白い桜桃ですね。
> 今年紅きらりで確実に人工授粉をしたつもりでしたが見向きもされませんでした。
う~ん、紅きらりはいい相性と感じておりますが、他の花粉でも似たり寄ったりの結実はありました。
たまたま紅きおらりが隣ですので、それでやったら悪くなかったんですが。

> また来年ですね。
頑張ってください。

S.F.Taka | URL | 2013-05-16(Thu)18:28 [編集]

Re: タイトルなし

>しおさん

毎度ありがとうございます。

>紅きらりオンリーの授粉が現時点ではベストな選択でしょうね。
紅きらりはいいと思います。が、一昨年にはジャボレー、高砂、ナポレオン、紅秀峰など色んなもので試しましたが、そうそう悪かったわけではありません。
近くにあるんで、一番便利で結果が悪くないという所です。
一つのものを絶対視することは、自然科学ででは陥りやすい罠かもしれません。
紅きらりだけでなく、他の品種でも受粉作業やるともっと良かったのかもしれません。

> 結局、我が家は今年もゼロとなりました。
> 来年は、授粉樹の開花も多少増加するのに期待したいところです。
> 難しいことは考えずに、良い授粉樹を確保が最良の手段と改めて実感しました。
う~む。。。

来年に向けてリベンジの年にしましょう!

S.F.Taka | URL | 2013-05-16(Thu)18:35 [編集]