桜桃栽培とゴルフ・音楽・時事ネタ

サクランボ栽培とゴルフとオリジナル音楽制作と時事ネタについて、ゆったりと更新していきます。山形から発信しています。

樹形改善と正しい管理(その28)

今日はいいことがありました。

それは、、、、


免許証の更新だったのですが、いつもいつも指名手配犯みたいな人相になっておりましたが、、、、
今回はちょっとにっこり気味に撮ってもらえましたW


閑話休題


樹形改善シリーズであります。

だいぶ芽の動きが進んでおります。

画像どうぞ、

南

この樹の花芽状態(2枚)

南枝

南えっだ2

ウチの畑と同じかやや遅めでしょうかね。
この樹のところは、地形的に微妙に冷気がかかるところです。
南側と東側が崖状態で下がっていますので、冬~春先に冷気が通るんだと思います。
今年は凍害で花芽がやられちゃった、なんてことはないようですが。

続いてもう1本の佐藤錦であります。

北

この樹の花芽状態は、

北枝

北えだ

こんな感じで、悪くないです。
進み具合も若干早そうですね。

この管理畑については、朗報があります。
この畑の隣なんですが、昨シーズンから(比較的)真面目に管理されるようになりまして、今シーズンは若干花が咲きそうです。
そんで、こっちに一番近い方の樹をよくよく見ましたら。。。。

どう見ても高砂だよね?

ウチの高砂と比べてはちょっと気の毒な花芽で、まだそういい花は咲かないでしょうが。
大ビンゴであります\(^o^)/



ま、そんなところで。


では出羽。。。




スポンサーサイト

このページのトップへ

授粉樹の様子

桜桃品種では、佐藤錦は定番中の定番でありまして、これを生産するのが栽培農家の仕事であります。
ま、当たり前なんですが、実際には受粉してくれる(異なったS遺伝子)品種がないと結実しないわけでありまして、多くの農家はナポレオンなど昔から栽培しているわけです。
最近になりまして、もっと美味しい品種の方が(たとえ受粉樹だとしても)いいんじゃないかと皆さん考えるようになってきまして、色んな品種が開発され(淘汰され)てきました。
不肖SFTのところでも受粉樹として昔からあるものの他に、ここ10年のうちに植え付けてものなどがあります。

以下、画像のみアゲておきます。

紅さやか


紅きらり

この品種は桜桃界最強の受粉樹でしょう。
S1S4`という自家受粉の遺伝子を持っています。面白いのは、S1S4のレーニアとか大将錦などはこの紅きらりで受粉しますが、逆は受粉しない、と。
幼木のうちは花芽が付きにくいので、いわゆる「枝数を減らさない剪定」が必要ですね。
S遺伝子が不明な品種を受粉させるには、とりあえずこれでやっておけばおけ。


紅ゆたか

この紅ゆたかは非常に美味しい品種との評判が立っております。
花芽付も良く、同じS遺伝子の紅さやかに代われる品種だと思います。


ナポレオン

これは昔からある定番の品種です。
完熟果は美味しいんですが、なかなか完熟させるのが難しいですね。


蔵王錦

これは一時だけデリバリーされた品種です。
豊産性で佐藤錦との相性も悪くないんですが、いかんせん果実が不味過ぎ。採りたてでも新鮮さが感じられない。
まだこの品種があるということだけで非常に驚かれます。


紅香

佐藤錦との受粉相性も良くて実も綺麗。
てか、果実の美しさでは桜桃界No.1でしょう!
食味も平均以上です。
剪定は、枝数を増やす剪定をしないといけませんね。あまり短果枝を作らない品種です。


ジャボレー

ま、昔から。。。


高砂

これも昔から。

絢のひとみ  

樹勢管理に気を遣いますが、佐藤錦との相性はぴか一かもしれません。


高陽錦

ま、こんなものも。
これも開花期が佐藤錦と良く合います。
悪くないですね。

ま、とりあえずこんなもん。


では出羽。。。








このページのトップへ

ったく。。。

どいつもこいつもヘタクソである。

どうも五体不満足じゃなくて、中足だけは満足な状態なんだな。
今後は「四体不満足」にタイトル変えたらいい。



な、ヤルならもっと上手にヤレ
ばれないよーに、細心の注意と払ってな。。。

挙句の果てに、事態の収拾に女房に何か言わせて、取り繕うとする。
文化人を気取るんであれば、自分のケツくらい自分で拭け。

浪漫飛行のおっさんといい、自分のケツを女房に拭いてもらうみたいな情けない男が多すぎる。



では出羽。。。

このページのトップへ

だんだんと。。。

桜桃だけじゃなくて、この時期ですからね。

いよいよ春になってきた雰囲気出ております。

1紅梅

春なので、ピンボケであります。

以下、ずらずらと。

2暖地桜桃

3八雲

4にっこり

5バイオチェリー

6パープルアイ

最後のパープルアイは2年前から開花はあるんですが、ちゃんと受粉していないようで、収穫には至っておりません。
なので、今シーズンはスタンレイプルーンえお高継しております。

あと1か月先には、桜桃の受粉等であふあふしていそうです(汗;)

では出羽。。。




このページのトップへ

佐藤錦の花芽

今日は佐藤錦だけです。
よく紹介している樹の花芽の様子だけであります。

流石に成木は例年通りのいい花芽が出来ていますね。

画像だけであります。

早い

50年

いち

25年

22年

60年

60年生は例年悪くないですが、今年は最高に近い花芽の状態です。

少し期待しましょう。


では出羽。。。

このページのトップへ

花芽の様子

もう待っているだけの作業です。


てか、接ぎ木なんかもやったり、はあるんですが。
(剪定枝の片づけとか、、、)


あまりにいい天気で暖かいので、畑の散歩しながら花芽観察であります。
この時期はとらたぬ十分であります。

画像だけであります。

ナポレオン

紅きらり

紅ゆたか

月山錦

紅福

紅さやか

高砂

紅秀峰

紅香

高砂はこの時期くらいしか良く見ないので、かわいそうでああります。



では出羽。。。

このページのトップへ

八雲梨

忘れていたわけではないんですが、やっと八雲の剪定ができました。


剪定前

1前

このようにざわざわ。

手前には梨業界で最近話題の「甘太」君がさりげなく植えられています。

2前樹冠部

まぁ、樹勢が強いということで、いいんじゃないですか。。。


剪定後であります。

和梨は基本的に短果枝をちゃんと作る、という方向ですので、そのように。。。

4後

5後

6樹冠部

んな感じですと、短果枝大勢でありまして、結実は安定しますね(きっと)



では出羽。。。



このページのトップへ

にゃはは(=^・^=)

明日は何があるか判りません。。。
しかし、過去の事はわかります。




慶事!!であります。

SFTの体内からピロリ菌が消えました!!

検査結果

今日の午後に結果を頂きました。


これで、胃がんとか十二指腸潰瘍とか(ほぼ)おさらばであります。




では出羽。。。


このページのトップへ

樹形改善と正しい管理(番外編)

流石にゴルフ関係・サッカー関係には反応はありませんです。

んで、、、、

今日の話題は剪定(みたいなもの)であります。

例の管理畑には、桜桃の他にスタンレイプルーンプルーンが1本あるわけですが、例年30個ほど頂いております。
大きさはカタログサイズを大きく超える70g程度以上の大玉であります。

この前の剪定では出来る時間がなかったので、今日行ってきましてやってきました。

剪定前2枚

プルーン南前

東前

このようにさほど大きくない樹でありますが、徒長枝がざわざわしております。


剪定後2枚

南後

東後

結構スッキリですね。。。

桜桃と同じで、基本的には核果類ですから、ほぼ同じような考え方であります。


切除した徒長枝

徒長枝

かなり長いです。太さも相当。。。

どれだけ長いかを、高枝鋏と比較してみますね。

高枝鋏


高枝鋏は1.8mですから、切除した徒長枝は3mは十分に有ります。


桜桃で3mの徒長枝は見たことありません。

すごいもんだ。

ま、この樹勢の強さがあるからの大玉であるわけです。




では出羽。。。

このページのトップへ

なでしこ

まぁ、12人で向かってこられたら、勝ち目ないよなー

このページのトップへ