桜桃栽培とゴルフ・音楽・時事ネタ

サクランボ栽培とゴルフとオリジナル音楽制作と時事ネタについて、ゆったりと更新していきます。山形から発信しています。

少しずつ

満開後25日経ちまして、そろそろ反射シート(通称ギンガミ)を広げていたりするんですが、
開花の早い佐藤錦など少し雰囲気出てきました。
ジャボレーとか小夏などの早生品種もそうなんですが。。。

開花早系

着色系

こんな風に進捗具合としては通常通りであります。


全く着色しないのもあります。
月山錦

当たり前ですが。

スポンサーサイト

このページのトップへ

ふふふ・・・SS印の実力!

全国津々浦々まで浸透してきた感のあるSS印苗木でありますが、不肖SFTのところにも当然あるわけでありまして。
最近のSFT家では困ったときのSS印頼みであります。

とりあえず、結実している幼木は3本ですが、その様子を。。。

3本全てコルト台3年生であります。

もう説明はなしで、画像だけご覧くださいませ。
これの他にも10本くらいあるんですが、まだホントの苗木でありまして、結実しておりません。
来年あたりですと何本かくっつきそうなものもあります。

それではっ! 


RG1

RG2

K1

K2

BY1

BY2

全ては収穫品種ではなく、受粉樹として今後の活躍が大いに期待されるところであります。

SS印 \(^o^)/

このページのトップへ

合わないっ!

どうも紅秀峰という品種は好きになれないんですが、あるから、てか、好きなお客さんがいるから仕方ない。。。

昨日と今日で摘果しました。
ある一枝の状況ですが。。。

摘果前
摘果前

摘果後
摘果後

こんな風に着果したヤツの8割程度は落とします。
結構いやな作業であります。

摘果したヤツはこんなんですね。。。

落としたヤツ

ま、仕方ないし。。。。

去年は結構いい加減な摘果で、3Lが少なかったんですが、今年はそこそこイケるんじゃないかなと。。。



このページのトップへ

佐藤錦(成木)の現状

去年は不作だったんですが、今年はちゃんと出来ております。

60-1

とか

60-2

主枝と結果枝の様子がよくわかる画像

60-3

60-4

60-5

このように葉がないところに確実にくっついております。

60-6

葉摘みすることなんか考えられませんね。
アップで見ると。。。
25-1

こんなんですと、3年枝1本から70個は収穫できます。
7割以上は2L以上になりますから、概ね700gの収穫となります。

だと・・・
およそ30年生ですと、こんな3年枝が70本以上ありますから、大体の収量が計算できます。
結実状況にもよりますが、30年生以上で1本の佐藤錦から100kgの収穫というのは、あながち夢物語ではありませんね、日本一さん。

25-2

理想的な3年枝の付方です。
葉がないところにぎっちり。先端は元気な葉が沢山出ております。
途中には更新のための2年枝と一年枝と新梢が見えますね。
正しい結果枝の配置であります。

25-3


では出羽。。。

このページのトップへ

月山錦の現状(その3)

少し時間がたちまして、月山錦の様子がだいぶはっきりしました。
落ちるやつと残るやつがもうわかります。

画像だけずらずらと。。。

g1

g2

g3

g4

g5

g6

これで、数えますとやはり250個くらいは成熟果となるようです。
この前の予想通りですね。
てか、受粉作業のときは(開花数から考えて)500~600個のつもりだったんですが。

ま、やはりこの品種は成らないわけで、せめてこれの半分なら、、、と思ってしまうのですが。。。
s1
隣にある佐藤錦(大玉系)であります。

はぁ~。。。
今年も気合十分でしたが、気合だけが空回りの状態となりました。

来年は、花粉の品種をすべて紅きらりに変えて、受粉作業してみたいと思います。

このページのトップへ

大玉系佐藤錦と紅きらり

今朝の状況であります。

毎年安定している大玉系でありますが、今年は去年よりもいいかもしれません。
80kgくらいか、ととらたぬしております。

大玉系全景

以下結果枝2枚

大玉系枝1

大玉系枝2

もうこの樹は完成した樹でありますから、結果枝は毎年同じくらいです。
今年は人工的にちょっと授粉作業したのがよかったのかもしれません。


続いて、あまり出さない紅きらりですが、、、

紅きらり

これは「にぃ」(わかる人だけ)と「いち」(これもわかる人だけ)の間に出てきた酸果桜桃のひこばえに高継した5年生かな?
にぃが酸果桜桃台なんですが。

紅きらり

なってるところ2枚

きらり枝1

きらり枝2

このようにざくざくくっつきます。

去年もこんな感じでざきざくでしたから、そのために本体のにぃが若干樹勢を落としたのかもしれません。

この画像撮影のあと、この紅きらりはすべて摘果して、一粒も残さないようにしました。
成らせていたら、7~8kgになったと思いますが、すべては佐藤錦の為であります。



このページのトップへ

実験畑のシンボルツリー

たまにはこの樹も出してあげないとね。。。

というわけで、実験畑にある唯一の成木であります。
親父が作った最後の1本であります。

夕方から草刈に行きまして、ついでに撮影しました。
今日の画像は自動発光のストロボ撮影であります。



台木は酸果桜桃ですが、ここ7,8年かけてやっとSFT好みの樹形になりました。
なので、樹齢の割には小さいんですが、いい感じの樹形になったので、結実具合も良好です。

全体

ほぼ左右対称の樹形であります。なので、主幹はせいぜい1m位。
一見車枝状態で主枝が出ております。
てかパラボラアンテナ状態が見てわかると思います。

以下、結果枝の様子ですが、、、

2年枝1

3年枝1

3年枝2

3年枝3

2年枝2

こんな感じですと、まぁ30kgの収穫は間違いないところです。
露天ですから、歩留まりが読めませんけどねぇ~

ま、こんなところで。。。

では出羽。

このページのトップへ

月山錦の現状

前回の記事で、月山錦着果数500個以上でありましたが、今朝は厳しく数えてみました。

例えば、前回の画像で、印をつけたところだけ数えてみたわけであります。
だと、、、

月山錦マーク

お分かりのように10個以上のカウントが、4個だけになります。
結構厳しくチェックしております。

そんな感じで数えてみると、213個

去年の収穫数よりも余裕で倍増ですね。
もう1本ありますが、そちらは受粉作業しなかった方ですが、30個位は十分であります。


だとやはり300個というのが妥当な数字でしょう!

このページのトップへ

月山錦の現状

ごく一部で大人気の月山錦でありますが、まぁこの品種はくっつかないので有名であります。

ウチでも去年は100個程度。
さて、今年は。。。というと、今のところ546個くっついておりました。

まだまだ生理落果時期になっておりませんので、どれだけ残るかは未知数ですが、おおむね感触としては300個に届くか?

1

2

3

4

5

ご覧のように、ある程度大きいのは大丈夫でしょう。
ある程度小さいものが、どれだけ残るかなんですがね。。。

この青葉台7年生と同じ年齢の月山錦がもう1本あります。
そちらは人工的授粉作業はやりませんでしたが、概ね50個位くっついております。

2本合わせて300個かなぁ~と考えているところであります。

このページのトップへ

こりゃまずい!

ホームコース移転の手続きがちゃんとなっていなくて、今春移転できたんですがね。。。

前のコースから持ってきたHDCPは確か9.
去年秋に月例に2回ほど出て、まぁそこそこのスコア出していたんですが。

今月一日付の新しいオフィシャルHDCPが来た。
HDCP

そのハンデでこんなスコアかいっ!

とか言われそう。

このページのトップへ

マンネリに輪をかけて

同じような画像ばかりであります。
まぁこれしかないので、ご勘弁。

今朝の状況であります。
満開から完全に中1週間。
開花の早いものは、大分花が落ちつつあります。
と同時に、結実が見えてきますね。

実はけっこう楽しみだったりするんですよ(わかりますね。。。)


佐藤錦の開花の早い系統です。
ふつうの佐藤錦より2日早く開花しますので、となりのジャボレーとほぼ同時ですから、毎年豊産です。
開花早系
今年も期待通りか???


有名なイシドウ大泉系であります。
まだ7年生か?花数はまだ少ないですが、将来の投資であります。
案外悪くない系統ですね。
大泉系


こちらは天香園の着色系佐藤錦。
去年の状況では、確かに着色がいい傾向にありましたが、こちらも7年生なので、本領発揮とはならず。
着色系


いちです(わかる人だけ)
いち
ここ数年はいい感じであります。
受粉環境が抜群にいいので(ナポレオンと紅きらりが両側にある)何もせずして比較的豊産です。
着色は遅い傾向にありますが、大玉にります。


昔からある大玉系の佐藤錦。
道路沿いで暖かいのか、開花は早い傾向です。
となりにある絢のひとみと開花タイミングが合うので豊産の傾向です。
人工的に授粉作業はしません。
大玉系
今年は例年以上の作と密かにとらたぬであります。(えへへ・・・)


すっかり定番になった紅秀峰。
SFT家では惰性で収穫するだけですが、案外評判がいいので最近は注文が増えていますね。
確実に成るので、計算できるとこが便利な品種であります。
紅秀峰
今年も例年通りザクザク成っています。摘果が必要です。


さて、寿錦であります。
開花数は少ないですが(おおむね200個)結実率はかなり高く、7割くらいはくっついたんじゃないかと思います。
勿論人工的な授粉作業はやっておりません。
寿錦
まだ4年生ですから、高受粉率でも結実は100個+α程度でしょうがね。。。


問題児であります。
今年は手なずけられたか、と期待しておりましたが、奮闘の割にはさほど・・・
月山錦
去年よりも実の付は確実に多くなっていますが、花の数からすれば大したことはない。
てか、これが佐藤錦だったら大不作の方ですね。
もうちょっと工夫して、とか、やはり紅きらりで真面目に受粉作業すればよかったかな、とか考えるわけです。
今年は高砂・ナポレオン・紅さやかの3種混合でやったんですが、気合の割には少ないか。



このページのトップへ

樹異形改善と正しい管理(その14)

だんだんとマンネリ感の漂うSFTブログになりつつあります。

午後に例の管理畑へ。。。

外

結果枝の様子ですが、
外の花

このように赤花バフバフで中には幼果得てきましたね。はっきりしました。

もう1本は
なか

こいつも。。。
中野花

こんな感じであります。


続いて、これもある意味予想通りなんですが、、、


このように花はほとんど落ちております。

よそーどーり

管理畑と比べていただくと、花数が少ないのはしょうがないんですが、花持ちがイイとは言えないです。
SFTが管理しているところでは、満開から1週間以上は開花している状況であります。

このページのトップへ

進捗状況

一日ごとに結実が見えてくるこの連休はさすがにわくわくするものです。
ゴルフの帰りに畑に寄って見ましたら、こんな状況でありました。

佐藤錦

紅香

紅秀峰

寿錦

ジャボレー


んで、コイツだけは信用ならない、てか、疑心暗鬼の月山錦であります。
月山錦
去年よりはまともに見えるんですが、ぬか喜びかもしれません。
思いっきり裏切られましたからねぇ~

それでも、少し手ごたえを感じております。秘密兵器も使ったし、気合は十分でした(照)

このページのトップへ

樹形改善と正しい管理(その13)

満開は過ぎまして、今日は満開後初めての農薬散布であります。

この管理畑は、SFT家の畑と全く同じ状況であります。
まだまだ落花までは10日くらいありますが、もう花は受粉しそうなものは100個に2,3個位。
お疲れ様であります。

外1

角度変えて
外2

だと去年の3倍は収穫できそうですね。

続いてもう1本ですが、今年は花数としては太枝を2本ばかり切りましたので、去年よりは大して増えておりません。
概ね2割増し程度と思いますが、、、
中1

樹高はさらに低くできましたので、収穫は楽のはず。。。
中2

まだ蜂はブンブン飛んでおります。1本に付だいたい100匹以上でしょうか。
農薬散布に驚いて、結果枝の花の中から数匹ずつ飛び出してきます。


授粉に頑張ってくれた紅さやかの6年生(かな?)
さやか
もう花は疲れ切ってますね。

あと2年後には十分な花粉供給源として働いてくれそうです。

まだ確定ではないですが、佐藤錦にも子房のふくらみが見えます。
佐藤錦結実??

一応、順調な仕上がり具合としておきましょう!2本合わせて去年の倍の40kgと、とらたぬであります。

このページのトップへ