桜桃栽培とゴルフ・音楽・時事ネタ

サクランボ栽培とゴルフとオリジナル音楽制作と時事ネタについて、ゆったりと更新していきます。山形から発信しています。

この時期

私の知り合いに三太という方がいるのだが、この時期は忙しいという。
昔は、私も少しばかり仕事を手伝ったこともあるのだが、、、



最近は黒猫や飛脚やペリカン等が跋扈し、競争相手が多く、苦労しているとのこと。
勿論交通の害となる雪も問題だ。
全くないとこの時期らしくないし、第一落葉果樹によくないんじゃないかとか。。。
ドカ雪は論外だしね。




そんなこんなで苦労が絶えない。期日指定の問題もあるしね。。。

と三太氏は苦労しているとこぼしていた。。。










さんた苦労する。




さんたくろう(す)






ぎゃはは!

これがホントのサンタクロース


がはは。。。
皆さんにメリークリスマス!!

スポンサーサイト

このページのトップへ

いちとにぃ(わかる人だけ)

案外天気が悪くないんで、剪定開始っ!

まぁ、いつもブログでお世話になっているしおさんは、女学生の生足を見ながら、涎垂らしていたようですが、ウチの方ではそんな生唾「ゴックン」みたいなイベントはあり得ないわけでありまして、北風の中、剪定作業であります。
積雪も十分です(悲TT)

とりあえず、いちです(わかる人だけ)
青葉台の20年生になったかならないか、微妙なお年頃の佐藤錦であります。
基本的に悪い系統ではありませぬ。

剪定前

いち剪定前全景

一番威勢の良い主枝の先端部です。

いち剪定前主枝

このように強すぎであります。
仕方ないので、もう少し弱くてもいいかぁ~。。。というわけで、更新用の枝を準備しておりました。
結構私もお利口さんであります(自画自賛!!^^)←コラ!

いち剪定後主枝

剪定後の全景であります。

いち剪定後全景

昼飯後、隣の「にぃ」です。

酸果桜桃台の佐藤錦です。概ね25年か?
ここ3年ばかり非常に豊産でしたが、それが悪かったのか、今の時期に真面目に見てみると樹勢が落ちております。
新梢の発生が少ないですね。。。

なので、強めの剪定で、樹勢回復を狙っております。

剪定前

にぃ剪定前


剪定後

にぃ剪定後


徐々に剪定やっていく予定であります。

女学生マラソンは生唾ものであります(激しく違っ!)

このページのトップへ

ちょっとだけ剪定してみた

天気予報の割にはそんなに荒天となりませんでしたので、ヒマつぶしを兼ねて、ちょっとだけ剪定。

この畑は、実験的に色んな品種や台木違いなど植えております。
品種だけなら11種類かな?
同じ品種でも台木違いで、各々2本はありますね。

収穫はあまり望んでいないので、ハウスもごく一部の試験的栽培の部分だけです。
画像は、この畑で一番大きい酸果桜桃台の佐藤錦。
多分、親父の最晩年に作った最後の1本だと思います。
樹齢としては20年経つかな???

剪定前です。

シンボル前1


角度変えて

シンボル前2


剪定後

シンボル後1


角度変えて

シンボル後2


花芽です。剪定後

2年枝花芽1

2年枝花芽2


まだ焦る必要ないんですが、時間のある時に少しずつやろうと思います。

このページのトップへ

本格的、か

画像では、降雪後のいい天気みたいですが、お日様が出たのはこの前後10分だけで、終日吹雪の山形であります。
画像の時点では積雪20cm位でしたが、日中積もりまして現時点で40cmありそうです。

時計


スタジオ入口付近


紅梅


庭と作業小屋


酸果桜桃と八雲


一日雪かきと消雪ホースを繋いだり修理したり。

もっと早くやっておけ!は言っちゃダメですよん。。。

このページのトップへ

いや、まぁ、まだそういう国なんだからさぁ~

南アのマンデラさんのご逝去に伴い、色んな追悼行事やら国葬やらが行われるわけですが。。。

手話通訳がド素人で、適当にやっていただけだった。。。と。


これを鬼の首でも取ったように喜んで発表するお偉いマスコミの皆さん、

なぁ、事情を分かってやれよ。
一応、W杯も開催したし、マンデラさんはノーベル賞も取ったし、この国の上層部は「先進国と肩を並べた」
みたいな気概を持っているはずなんで、、、

実際はそうではないんだけど、一種のプライドみたいなものはあるんだよな。
いわゆる先進国でやっているセレモニー的催しをウチだってちゃんと周到してるぜぃ!みたいな。。。

だからオバマの演説に手話通訳を入れないと、そういう所で何か言われるかもしれない。(ウチの国だったら、ふつーは手話通訳くらいつけるよね。。。)みたいな。
と、考えたんだよね。

背伸びして、精いっぱいやった結果、が漫才楽となっちゃったんだな。
哀れというか悲しいというか。。。

だからよ、まだそのくらいの国なんだと、認識して、暖かく見守ってやれ!思うんですが。。。
国際社会はおおらかな視線でね。

マスコミも手話通訳の団体も騒がずにだ。

逆に手話通訳の団体であれば、そういう国家元首の演説の時に、「ウチから通訳を派遣しまっせー」
くらいのことを言ってもいいんだと思うが。(まぁ、言ったのかもしれないが。。。)

我が国だって、ペリーの黒船の時に、寺の鐘を海に向けて置いて、あたかもウチにもでかい大砲があるぜよ!みたいなことやっていたんだからねぇ~

成熟した大人は、子供のちょっとした過ちに、そうそう目くじら立てないもんだ。



マンデラさんのご冥福を切に願うものです。

このページのトップへ

結構画期的w!

相変わらず、時事ネタには反応がありませぬ。
ま、いいんですけど。。。

今夜、晩酌しながら(ニュースをつまみに)見ていたんですが、
結構画期的半ケツ判決が最高裁で出ました。

曰く、性同一性障害の為、戸籍上男性になった(生物学的には女)人と、戸籍上最初から女の夫婦が、第三者からの精子提供で生んだ子供が嫡出子と認められた。



今迄はそういうケースでは案外、生物学的にあり得ない、としてダメだったんですがね。。。

ただ、離婚後に生まれた子供については、たとえ何年か別居だったとしても、前夫の子供であるとされたりとか、生物学的にあり得なくても法的にみなされた、というのが随分あったりして。
(なんぼイキのいい精子だって、そんなに遠くまで飛ばんだろ!と思いますが。せいぜい障子を破る程度?)

このたび、生物学的にあり得なくても、法的に矛盾がないということで認めちゃったということで、司法の場でどんなやり取りがあったんだろうかなと、興味津々。

益々、司法の自己矛盾が出てきた、というか司法制度の根本にかかわる問題が顕在化してきたということで、面白い。

諫早湾の水門開ける・開けないにしたって、面白いんですけどね。
(こちらは、被告と原告が違うから矛盾しないよぉ~、みたいな理由らしい)

当事者にとっては真剣な話のはず、が、司法の対応には、ま、笑えます。
願わくば、このお子さんが健やかに育つよう。

このページのトップへ

もう詰んでるな。。。

知事はもう終わりだ。詰んでる。

物書きの割には案外知恵がなくて。。。

立場上、たとえば五輪招致活動の為、とか言えば、
そのおかげで、決まった、とか言えば、

いや、招致には結構表にできないものがあるんで、、、

とかね。



ま、身から出た錆だ。そこまでの器でなかったと。

前任者とは大違い(役者が)だったとわかっただけで収穫か?

このページのトップへ

ガキの喧嘩か?

韓国の防空識別圏拡大。。。




アッチもこっちも。。。


アッチには、経団連の馬鹿どもがゼニ欲しそうな顔してイクもんだから、舐められる。


こっちには、政府がまともにアナウンスしないものだから、舐められる。


我が国の行く末はどうなるのか???

このページのトップへ

ダーレン台多品種継ぎの様子

ゴルフ記事は日光の手前なので、時々は桜桃栽培関係を出さないとね。。。

というわけ、でもないんですが、7月にダーレン台木4品種接ぎ木株に土寄せやって発根を促す処置をしておりました。
これを今日掘ってみましたので、その様子など。

とりあえず、7月に行った処置です。(画像3枚)
株元に流出防止のカバーを付けて、そこに市販の土を入れています。

7月1

7月2

7月3


これが、先月あたりに上の方切りまして、別個に挿し木状態にしていたんですが、それについては11月9日
付の拙ブログをご参照くださいませ。



そんで、今日の堀上げた時の画像です。(3枚)

全体像
12月1


カバーだけ外して、少し土を除去した状態。
細根がザクザク出ているのが見えます。
12月2


堀上げしたところです。
オリジナルの台木の根と新たに出た細根の色がわかりますね。。。
12月3



というわけで、新たに土をかぶせたところからは、大量の細根が出ています。
気根由来のモノだけでなく、台木自体からも発根しているようです。


植え付けの痛みを考えて、根洗いしていませんので定かではありませんが、これだと十分に1本立ちに分けられるのではないかと思います。

これは東海方面に旅立ちました。

かの地で活躍することを祈るのみです。

では出羽。。。

このページのトップへ