桜桃栽培とゴルフ・音楽・時事ネタ

サクランボ栽培とゴルフとオリジナル音楽制作と時事ネタについて、ゆったりと更新していきます。山形から発信しています。

意味不明と明瞭なもの

昨日は草刈であった。

草むらの中から出てきたんだけど、これって何?
一応忘れ物かと一晩放置しました。

靴

見てお分かりのように女性ものの靴ですが。。。


ここが拉致現場だったりして・・・ありえない・・・

う~ん、意味不明です。



一転して、こちらは明らかにわかるもの。

おばこ錦

おばこ錦


ジャボレー

ジャボレー


腹が減った鳥がいたんだろね。

スポンサーサイト

このページのトップへ

秋田出張(と称する遊び?)

5月25日、26日と秋田まで。

いや、遊びなんですが、一応試合的ゴルフ。
25日は練習ラウンドです。

もっと時間がかかるかと思っていたんですが、あまりに早く付きすぎました。

出発!

途中は難読駅名で有名な駅の近くを通ります。
距離表示で、うまくローマ字をブラインドにできました。
さて、どう読むのか。。。

駅の名


鉄オタならよめますね。勿論山形県人は概ね大丈夫なはず。


そのうちに横手湯沢道路に入りますね。
まだ無料供用ですので、ありがたい。

その途中は、さくらんぼの産地があります。
高速からはたくさんの桜桃畑が見えます。
比較的新しい産地なので、まだ若い樹が多いようです。
雨除けハウスも、豪雪地帯ならではの作りで、多くは連棟せずに数十センチの間隔をあけて設置しているように見えました。
常時2mの積雪地帯ならではの工夫ですね。

横手湯沢道路


その後秋田道に入って、ゴルフ場に到着。
朝飯にするか、美人キャディーさんをからかうか、迷っているSFTです。

太平山カントリークラブ


夜の宴会前に、自主的練習はホテルの部屋で。
この秋田キャッスルホテルは過去に何回か投宿したことがありますが、改装したのかな?
内部が記憶的イメージとちょっと違いましたね。

宴会の練習中


まぁ、なんだ、秋田という所は流石に美人の産地だけあって、街中で見かけるお婆ちゃん妙齢のご婦人でもハッとするような美人が多いところです。

秋田の殿方は幸せですな

このページのトップへ

自分にプレッシャーをかけるぅっ!

・・・のつもりです。
紅秀峰なんですが、まぁ、この品種、慣れていないせいでいまいちのシーズンが続いております。
というわけで、こうして晒してしまえば少しは真面目にヤルんじゃないかな、と。。。

一応摘果は終わりました。
こんな感じですね。

紅秀峰全景



2年結果枝の長果枝部分の状態です。
これじゃぁ摘果していないんじゃないか、と思われるかもしれません。

紅秀峰結果枝

摘果は短果枝の部分だけ、1果そう2果に制限しております。
てか、これも実験的摘果なんですが、講習会でもこんな摘果の方法は言っていませんので、独自の方法です。


さて、どーなりますやら(笑)

このページのトップへ

結実確定か?

メインの佐藤錦ですが、まぁなんとか。

3年枝

とか

他の3年枝


まぁまぁの・・・

主枝延長部


まだこんなかんじで、開花が遅かったところのようすですが、これできっとくっつくでしょうと思っています。

まだこんなんもある

で、この樹の受粉に働いてくれた紅きらりですが、たまには出さないと。

紅きらり3年枝

紅きらり最上部


なんとか例年並みの結実状況は確認出来ました。

では出羽。。。

このページのトップへ

詳細な記録

興味のない方は面白くもなんともない記事です。

2013.5.16のゴルフの詳細について。
コースは下のリンクから。
まず、スコアカードの画像を。。。

2013.5.16スコアカード

http://www.blossom-gc.jp/
コース案内を見ていただくとよくわかると思います。

他人のスコアは書いておりません。
ホールナンバーに〇があるのはパーオンしたホールです。
スコアの右隣はパット数です。
その横に線を引きまして、右側は使用したクラブです。
使用クラブ〇で囲んであるのは、そのショットがバンカーに入ったということです。
以上のことをご理解いただくために、たとえば。。。

15番ホールについて、
ティーショットは1W(ドライバー)、それがバンカーに入りまして2打目が5番アイアン。
グリーン上で2回パットして、4でホールアウトということです。

カラーからはパターで打つ場合がありますので、それはもちろんパット数ではなくショットの数としています。
なので、その表示はPとなります。(11番ホール等)
ピッチングウエッジのショットはPWと表記してあります。

今月末にJGA公式競技「東北女子アマ選手権」が開かれますので、グリーンにかなり転圧かけています。
そのため、グリーンオンした場合にファーストバウンドでかなり弾みました。
だとどうしてもスピンが解けてしまい、止まりにくいグリーンでしたね。
雨上がりでパットの際は重いんですが、ショットとパットの感覚に差がある感じでした。

こうして改めてスコアカードを見てみると、結構バカやってますね。
4番等、何もこんな短いホールでドライバー持つ必要ないのに、バーディーが欲しくて、リスクを冒して、そんで2打目はサンドで打っているにも関わらず、注文通りに3パットでボギーとしているなど。。。
何にも3番アイアンでバンカーの手前に置いておき、2打目は8番アイアンでかるーく乗せておけば(つまりパーでいいや、という考え)楽にパーで上がれたんだと思うんですが。
妙に自分にプレッシャーかけるから、こういう結果となりますね。

ま、反省しきりです。

では出羽。。。

このページのトップへ

樹形改善と正しい管理(その5)

・・・なんか真面目にブログ更新しているよーな気ガス。。。

今日は農薬散布の予定でしたが、早朝はまだ雨が残っていまして、、、、いわゆる「2度寝」
ちんたらと8時近くに起きまして、農薬散布はあきらめて、ゴルフにしました。

で、ゴルフ場に行く途中に例の樹形改善を任されている畑があります。
ちょっと寄ってみました。

1

こんな感じに開花が終わり、実を付けるのを待つばかりです。

その状態を寄ってみますと・・・

2

こんなかんじで、赤花ばふばふですね。

もう一本の佐藤錦もこんなん!

3

寄ってみると、すでに幼果確認。

4

大丈夫なようです。


ここにはほかに5年生くらいの紅さやかがありまして、大きくなるのを待っているんですよ。

5紅さやか

あと3年後には、受粉樹として大いに役立つだろうなと思います。

もう1本は同じく5年生の紅秀峰ですが、もう2本主幹形みたいな状態で、難しい樹形となっています。

6紅秀峰


仕方がないので、このまま2本主幹形で育てることにしております。
見ていただいたとおりに、どちらも切れない状態です。
良い子の皆さんは、こういう反面教師を見習って、2本主幹形はしない方が後でラクですよん。

ま、幼果はちゃんと付いています。
7紅秀峰実



ゴルフは。。。

(言い訳ですが)今日は風が強かったしぃ、フルバックからやったんで難しいゴルフでした。
流石にヤードで6900以上なので、非力なSFTにとってホームコースであっても楽でないです。

何とか40+40=80で上がりましたが、さすがにあとハーフはやめてきました。


ここで、問題です。
今日のSFTは何ホールパーオンしたでしょうか?

相変わらずパットは下手で、33パットでした。
バーディーは1個です。
+2ボギー以上のホールはありません。
18ホールのパーは72です。

わかった方は、コメントらんでお願いします。

正解者にはSFT謹製佐藤錦が届くかも。


では出羽。。。


このページのトップへ

気になるあの品種

ごく一部の方に大人気のあの品種です。

月山錦

ウチの樹はまだ6年生の幼木ですが、去年は150個くらいでしょうか。

さてさて、今年の様子は、というと。。。

月山1

とか

月山2

とりあえずこんな状態ですが、結実したところを数えてみましたら、250個!
概ね目通りまでの枝だけですが、これくらいありました。
となると、あと100個位はくっついちぇいるんじゃないかと思います。
その後の生理落果で落ちる分を差し引いてもまぁ300個位は収穫できそうですね。

あともう1本、同じ樹齢・台木の樹がありますが、そちらは人工的に何も授粉しなかった方です。
大雑把に数えてみると・・・・

てか、数える気にもなれない。。。
付き方が非常に少ないです。

同じ「紅きらり」を挟んで両脇にあるのですが、受粉作業した方としない方では相当の差があります。

やはり、やるべきことをやらなくちゃいけませんね。。。

では出羽。

このページのトップへ

佐藤錦の結実状況など

やはり1日2日経ちますと、着果状況もだいぶわかってきます。

花弁が赤くなり始めて、軸が立つようになってきました。
そういう佐藤錦は、着果状況を見ていても安心していられますね。

ずらずらと画像だけ。

イシドウ大泉系
イシドウの大泉系佐藤錦。

着色系(天香園)
天香園の着色系佐藤錦。

まぁこの辺りが有名どころの苗木屋さんですね。。。



開花早系
これは昔からあるやつ。開花が早めで着色いい系統です。若干小ぶりですが。

いち
定点観測の「いち」です。
わかる人にはわかりますね。

にぃ
これも定点観測した「にぃ」です。
ま、わかる人だけ。


最後はこれだけ紅秀峰。
だいぶ花が落ちまして、結実具合がわかります。
今週末あたりから摘果しなければなりませぬ。
紅秀峰

このページのトップへ

結実状況

今年はあまりよくないなぁ~と思いながら、畑に行ってみると、さすがに開花が早かったところにはすこぉ~しだけくっついているのが確認できました。


紅秀峰

紅秀峰


紅さとう(青葉台5年生)

紅さとう


黒砂糖錦(青葉台5年生)

黒砂糖錦


佐藤錦(大玉系)

佐藤錦



月山錦(青葉台6年生)画像2枚

月山錦1

月山錦2


ま、これからです。

このページのトップへ

やっと満開に

今年は開花近くの時期になってから、低温が続き、結局昨年よりも遅い開花となりました。
近隣の園地よりも遅い傾向があるSFTの畑では、シンボルツリー的存在の60年生佐藤錦がようやく満開です。

全体像

60年生全景


以下、寄った画像で各部の様子。。。

つくね1


つくね2


つくね3


つくね4


ま、こんなんですが、3年前から発生してきた実生がいくつか開花しておりました。
どんなのが成るのか???

実生開花


大化けしたり。。。
とらたぬちゅ。

このページのトップへ

何とか少しできたっ!

今日は流石に昨日ほどは風がなかったので、何とか受粉作業できましたよ。

佐藤錦もそろそろ満開に近くなりまして、タイミングとしては悪くなかったですね。
とりあえず、ほぼ満開になった成木の様子など。。。

安定した大玉の佐藤錦です。

大玉系

開花も早めですが、色つきがいい系統。
若干大きさ的には物足りない感じ。。。

着色系

いつもの50年生です。
開花はちょっと遅めです。

50年生

開花が早い系統の佐藤錦です。色つきもいい方ですね。
いつも豊作になるんですが、果たして今年はどうですかね?

開花早系

今年の元旦に剪定した樹です。(過去のブログをご参照ください)
風の通り道に植えてありますので、毎年花は良くても実付はよくないんですね。
今年は真面目に受粉してみます。
結果はどうか?

元旦やったヤツ

で、昨日の記事ではないんですが、今日は昔の釣りの弟子から、とびっきりのサクラマスが届きました。
なかなか自分で釣る以外には入手できない魚です。山形県の魚ですね。
(ちなみに山形県の花はベニバナです。桜桃の花じゃないですよん)

サクラマス

こういうまるの魚が来ると、捌くのはSFTと決まっています。

・・・って、いつからだろ????

このページのトップへ

連休なのにマズイな。。。

てか、桜桃は開花ばふばふになってきております。

で、この時期にウマい事やってしまおうと、今年は真面目に花を摘みまして・・・
こんな風に花粉といいますか、「葯」を入手して、コイツで受粉しようかと。。。

花採取

これは本当の「葯」だけ採取して某所に送り付けまして、花粉の出方を検証していただくつもりなんですが、ま、大丈夫でしょうと考えております。
それで採取した葯ですが、ま、こんな感じで花数300個位から出るはずの葯の数からして、1/20位がこれ↓
最初に採れた葯

これですと大したことないんですが、同じ花から4回くらいの操作で、同じくらい(簡単に)採取できますね。


実施に当たっては、こういう純粋な葯にする必要はないので、花と一緒になった(そこそこ乾燥した花)を袋に入れ、そこに毛はたきを突っ込んで、(バサバサと)動かして、受粉作業!となります。
この袋は、米の袋が最適です。(丈夫なので)
とりあえず、ナポレオンと紅さやかと酸果桜桃で5個作りました。
摘み取った花数は、概算で1万個くらいでしょうか。
今日は気温も上がりつつあり、受粉出来そうです。
佐藤錦も概ね5分~7分咲になりましたので。。。

気温も上がった!

さあ!行くぞっ!!
さぁ行くぞっ!











が、、、

畑は風が強くて、毛はたきが負けてしまいます。。。orz

というわけで、今日は何の受粉作業もできませんでした、、、

ま、しょうがない。










というわけでもないんですが、
読書の日となりました。


今日の本は2冊。

本日の読書

農業関係の方は、ま、それなりなんですが、右の「魚釣り」関係は面白かったですよ。

実は不肖SFTは「釣り」が大好きなんですよね。
ま、最近は時間がないので行く機会がないんですが、てか、もう30年近く「釣り」には行ったことがありません。
勿論「オカズリ」は別ですよん。。。
ま、オカズリは餌に莫大な金額がかかってしまう場合が多いのと、やはり時間的な制約と、釣り上げた「後」のことを考えると、なかなか難しい分野であります。
(ネオンの海の金魚は、高くつく、かも。。。)

ですが、ウチに居て、あーでもない、こーでもないと釣りのことを考えるのはしょっちゅうあります。
欧米ではそういう「釣り師」のことをarmchair fisherman というらしいですね。
くやしいですが、表現としてindoor fishermanと言わないところがなんとなくいいですな。

というわけで、今日は肘掛け椅子の釣り師を演じておりました。(泣)

このページのトップへ