桜桃栽培とゴルフ・音楽・時事ネタ

サクランボ栽培とゴルフとオリジナル音楽制作と時事ネタについて、ゆったりと更新していきます。山形から発信しています。

幼木の状態

ま、この時期雑多な用向きがあり、何とかこなしている状態ですが、今日はデジカメ片手にブログネタ探しに。。

もうばふばふ開花している地域の方からすれば、面白くもなんともない画像ですが、当地でではやっと芽の動きが出てきました。
タイトルの通り、4年生までの幼木の状態ですが、、、

夢あかり
夢あかりです。S6台4年生
ま、微妙なネーミングではあります。



紅香
これはS6台4年生
ベニカって、東欧あたりのパツキンねーちゃんみたいですが。。。

紅福
これはダーレン台3年生
間違いを訂正できなくなりまして、取り消し線で正しい名前です。

寿錦
これはコルト台3年生
いわいにしきと読みます。

初夏の香
これもコルト台です。4年生
この品種はネーミングが微妙です。センスがいいのか悪いのか。。。(謎)

小夏
これは青葉台4年生

ま、あまり一般的でない品種だと思いますが、こんなものもあるんだということです。

スポンサーサイト

このページのトップへ

春のような天気で黄砂ばふばふ。。。

ゴビ砂漠で、二人一組でむしろ(っぽい)シート状のもので地面を煽ぐと・・・
偏西風に乗って、来ます。

黄砂!

ついでに鳥インフルとかPM2.5とか一緒に乗っけて、我が国をかく乱しようと。。。


等と考えてしまうのは穿ち過ぎか?
いや、奴等ならやりかねない

ま、そんな昨今ですが、剪定は続いております。
あまり登場しない「紅秀峰」も今日やっつけました。

それと、今日の画像から、撮影日を入れるようにできました。
って、デジカメの設定を変えただけなんですがね。

それともう一つ。画像の圧縮を大きくしました。
概ね500KB弱。
前回までは200KB程度でしたので、もう少し見やすいようになったんじゃないかと。。。

選定前2枚
剪定前1

選定前2


こんなんですが、剪定すると・・・

剪定後3

剪定後4

結果部位の高さは、せいぜい2.5m程度にしてあります。当然主幹は短くしてありまして、1.3m程度。
収穫時に脚立に3段も登れば十分の樹形です。
真面目に収穫なんか、、、イヤです!
佐藤錦が終わると、疲れ果てていますので、紅秀峰はもう惰性でやっているに他なりません。
無くてもいいんですが、ま、これはこれでいいところがありますんで、3本ばかり残してあります。
結構労力集約的作業がありますので、SFTとしては好きな品種ではありませんが、ま、しょうがない。。。
成らせるだけだったら、技も何も関係ないです。なので、面白い品種ではないですね。

佐藤錦の後10日も収穫しなきゃなんないのは、はっきり言って御免こうむりたい。

このページのトップへ

樹形改善と正しい管理 その4

昨日2013.3.17の作業です。
去年から管理している樹です。去年の画像はブログ中を探してください(って、不親切な。。。)

剪定前南
剪定前を南から見たところです。

剪定前西

同じく、西から。
画像中の赤線は切る太枝です。バランスの問題で、去年は切れなかったところです。
こういう樹冠の中ほどに立っている太枝があると、日当たりが悪くなってしまいますね。
剪定前北
同じく北面から。

それを、剪定しまして、こんなん。
剪定後南

剪定後西

樹冠中央

画像中の青線は、来年切る太枝です。ここまでできると樹形改善は終了です。
自分の樹であれば、もうさっさと切ってしまう所ですが、ま、少しでも多く実をくっつけるようにして、喜ばせないとねぇ~

樹形改善は3年計画ということですね。

このページのトップへ

樹形改善と正しい管理 その3

ま、相変わらず時事ネタには反応がありませぬ。。。

というわけでもないんですが、去年(2012年3月)から管理している桜桃樹の様子です。
以前の記事はこちらからご覧いただくといいですね。↓
                             昨年の記事

で、まぁ昨年の画像です。2012年3月剪定直後。
2012年3月剪定後

これが1シーズン経ちまして、こんなん(画像2枚)
今年の剪定前南から

今年の剪定前東から


これを今日(2013.3.14)剪定しまして。。。
今年の剪定後南から

今年の剪定後東から7

だとだいぶ印象が変わっていると思います。
まだ途中に禿げ上がった枝がありまして、あと数年経たないとそういう枝を切除しきれませんし、この樹のオーナーに少しでも収穫させたい、という気持ちもありまして、(ウチの樹ならば)切除しているはずの枝も残してあります。
ま、そんなモンです。
ただ、かなり不定芽がありますので。。。

剪定中見つけた不定芽

昨シーズンまで褐色穿孔病とタンソ病で、芽が枯れて禿げ上がった枝の部分にも、こういう花芽と葉芽がごっちゃになった大きな不定芽がたくさんありますんで、来シーズンには相当に理想的な樹形に近づけると思います。
(受粉がうまくできたとして、、、)ざっと計算してみると、去年の予想より花芽が多いので、今年は10Kg近く収穫が見込まれます。
となると。。。。
来年(2014年)には30Kgくらいで、再来年には80Kg程度の収穫になるのでは、と。(3ケタKgの大台も有り得る)
勿論、趣味栽培のレベルではありませんね。

ホントにそうなっちゃったら、どーしましょ!

このページのトップへ

ちょっと暇な時間

流石、日本一のクソマスコミ毎日新聞の配信↓
毎日新聞配信

いや、そんなことはわかってる!つーの。

だからよ、金の問題じゃなくて、国家の尊厳に値する問題を解決出来そうなんですよね。

いくら安く入ってこようが、「あとおしまい」なんて言われたらね、契約がどーだこーだ言っても
始まらない。。。

だからよ、水差すな!(怒)

このページのトップへ

こんなんどうだぁ!!

昼ごろ所要で果樹苗木で有名な天香園に・・・

と。。。

玄関のところに面白いものが、てか佐藤錦の伝説じゃあありませんかっ!

しかもお二人お揃いで。。。(笑)

で、何やるかって?
決まってますよー

佐藤錦の伝説


勿論、中央が私SFTです。

笑ってください。

このページのトップへ

60年生佐藤錦の剪定 その2

今年もやります!あぶら攻め

いや、何かSMっぽいマニアックなプレーではありませぬ。誤解のないよう。。。

カイガラムシであります。
画像はちょっと寄りすぎですが、、、
かいがらむし


こいつに、チェンソーオイルを刷毛で塗って窒息させますね。

こんな感じで、常時携行しております。油


さて、全体の画像は。。。
剪定終了

主枝先端部はこのように強く維持します。強ければ強いほどいいですね。
主枝先端部

以下、反対側とかちょっと引いて見てみましょうね。

反対から見る


引いて見る

やはりここまでだけで2時間かかっております。


剪定シーズンもいよいよ終りが見えてきましたっ!

このページのトップへ

60年生佐藤錦の剪定 その1

2月28日の選定作業であります。

SFT家最大の樹齢60年の佐藤錦なんですが。。。
こういう大きな木になると、空間をうまく利用するために亜主枝を何本か出してしまいますので、
樹形が複雑になってしまいます
考え方として、亜主枝を主枝とみなして剪定する、ということですね。
もう一つは、主枝→結果枝の関係と同じように主枝→亜主枝の時も主枝より強くなりそうな亜主枝は置かないということです。

そう考えて、ちまちまと剪定やるといいと思います。
以下、画像。

1全体南から


2東


3西


4右だけ剪定済み


5亜主枝の例

ここまで4時間半かかっておりまして、まだ1/3ばかり残っています。

このページのトップへ