桜桃栽培とゴルフ・音楽・時事ネタ

サクランボ栽培とゴルフとオリジナル音楽制作と時事ネタについて、ゆったりと更新していきます。山形から発信しています。

いい樹とそうでない樹

そんで、復活しつつある月山錦ですが↓

1月山錦

まだスカスカなんですが、花は、、、

2花

とか

3花

の様になっております。
この花はどちらもほんの少し伸びた長果枝であります。
ま、伸びかけた短果枝とも言えますが。。。
しかし、昨シーズンはもっと弱っておりましたので、こんな花じゃなかったですよ。



で、ここからがもう1本との比較であります。

こちら↓

4月山錦

同年生で元気な月山錦であります。

その花は。。。

5花

ねね、、、
わかりますね。

上のと比べて小さいです。
軸も細くて短い。

何でも太くて長いモノじゃないと喜ばれません。
ゴルフ場の風呂などで、常日頃ションボリすることしきりであります←コラ!

というように樹は元気でも花がよくない。
なので、こちらの樹はあまりいい実は付かないですね。

ということで、来シーズンはこっちの月山錦も短果枝の花芽を全部取ってしまおう!と考えております。

それで、どうなるか。。。

まぁ今年は復活しつつある方から少しでも採れればいいですね。



オマケです。


満開の60年生

660年生

あまり見ない角度から。






では出羽。。。


スポンサーサイト

このページのトップへ

開花であります

まだ桜桃は開花しませんが、他のモノ。

にっこりが1番でありました。

にっこり

八雲はあと2日後でしょうか?

八雲


もう一つの楽しみなパープルアイも開花です。

パープルアイ

これは長果枝の部分。


というわけで、だんだん春になってきましたねぇ~=^_^=





では出羽。。。

このページのトップへ

満開だぁ~!!

昨日24日で佐藤錦は満開であります。

こんな状態

22年

60年

奥


今年は凍霜害なくて、天気も悪くないので、そこそこの豊作になるでしょう。

同じ町内でも例の管理畑の近くでは、かなりの霜害がありました。
ウチのところは免れました。


では出羽。。。

このページのトップへ

開花であります

今日の記事はちゃんと桜桃栽培らしいタイトルとカテゴリにて。

朝から強風と雨でしたが、やはり順番に進みます。

今日は今シーズンの桜桃開花であります。
どれが1番手かはわかりませんが、いつも通りに開花しました。

紅秀峰

高砂

早い系

紅ゆたか

この辺りが、開花1番手であります。

また、昨日の記事で霜害については大丈夫みたいに書いてありますが、よくよく見ますと、一部に霜害が見つかりました。
大勢に影響するほどではありません。

霜害

このようになります。
わかりますね。。。

この品種はカタログ通り霜害にやられやすいということですね。(菊池園芸)

その他、バイオチェリーは満開であります(画像なし)
プルーンのパープルアイは明日咲くでしょう。

和梨のにっこりは昨日から咲き出していますが、八雲はこんな感じです。

八雲

明日には咲き始めるでしょう。


こんなところで。


では出羽。。。

このページのトップへ

ご声援ありがとうございましたっ!

なんだかんだで、山形県河北町議会選挙が終わりまして、愚妻も3期目の当選を果たしました。
一応前回は無投票でありましたが、その前の今から8年前はトップ当選でした。
今回もトップ当選という結果を頂きまして、安堵しているところです。

河北町議会選挙

そんなわけで、この選挙の期間中が桜桃の開花とかさなりまして、本当だったら花粉採取で純花粉で200g位採っちゃおうかなと思っていたんですがそんなわけで採取できず、朝仕事なんかでやっと(純花粉にして)70g位しか採れませんでした。

というわけで、その数少ない純花粉で、実際はどれだけ受粉できるのか。。。
という実験をやってみようかと。。。

画像は畑Fであります。

2本の対象木

このうち、右の5尺の脚立を置いてある方に受粉作業をしてみました。
2本とも同じくらいの樹齢で、樹勢も同じです。樹形は私が1シーズン管理したばかりなんですが、同じです。
自然授粉環境はどちらも同じ(くらい悪い。。。苦笑。。。)であります。

実験樹

実験樹

対照樹

対照樹

結果枝を見ますと。。。

実験木

実験機の花

こんな感じであります。


対照樹

対照樹の花

ねね。。。悪くないでしょ?


それで、実際の受粉作業はどうやったのか・・・と興味が出てくる(んじゃないかと。。。)と思いますが、その方法は
「現代農業」誌2015年5月号を参照していただく、というようにします。


さて、この方法でうまくいくのか。。。

あと1週間もしたら結果がわかります。


しかし・・・
この方法は純花粉さえそこそこの量が採れたら、非常にいい方法ですね。


ま、結果を待ちますよ。


それでは出羽。。。

このページのトップへ