桜桃栽培とゴルフ・音楽・時事ネタ

当サイトはリンクフリーですが、リンクされる際にはお知らせくださるようお願いします。サクランボ栽培とゴルフとオリジナル音楽制作と時事ネタについて、ゆったりと更新していきます。山形から発信しています。

久しぶり♪~

朝仕事から農薬散布でしたが、、、

そろそろ最後の部分になって、久しぶりに見かけました。

西洋ミツバチの分蜂群です。

1分蜂

基本的にポリネーションで導入したものしかいないはずの西洋ミツバチですが、時々分蜂して樹の祠とか果樹園に設置した作業小屋の床下などに営巣している場合があります。

これは多分お隣の農家の小屋の床下に営巣しているのが分蜂したのかと。
(いつか、小屋の床下にミツバチが勝手に住み着いている、みたいな話がありました)

まぁ、自然豊かで果樹栽培に適した環境である、と言えることで、ありがたいんですが、、、

2分蜂

3分蜂

樹は例の60年生です。
これの根元に集まっていました。

だけどよ、収穫前には唯一の有機リン系の殺虫剤を散布しているときに分蜂しなくてもいいのに。。。

この画像の後、小1時間ほど待って、蜂玉ができて飛び交う蜂が少なくなってから農薬散布は再開しました。
蜂玉はそんなに大きくなく、ハンドボール程度。(画像なし)


おかげで、10時ころには終わる予定が、11時過ぎとなりました。


そんなところで。




では出羽。。。

スポンサーサイト

このページのトップへ

雨除けビニール展張

さて、ただ今SFTのあたりでは雨除けビニール展張が絶賛展開中であります。
ウチは大きなところは頼んでやっていますが、自分でできる範囲ではやります。
てか、独り仕事ですから、なかなか難しいところもあります。

ここの3連棟くらいはやんなきゃいけないんで、、、(7.5m幅の20m長さが2本、7.5m幅の8m長さが1本)
とりあえず、短いところにローラーを設置したところ。
この高さは4.5mです。まぁ、そう高くない。

1ローラー設置

これでビニールを上げるわけですね。
パイプの上を歩いて引っ張ります。高さは3m。

2ビニールセット


この畳んだビニールを、同じようにパイプの上を歩きながら広げるわけです。

3広げる

だと、、、

4もっと広げる


完全に広げたら、端っこはパッカーで止め、アーチパイプの間はマイカ線で止めます。

5留める

アーチ間の雨樋に止めるような仕掛けがありますので、ここにマイカ線を結んでおきますね。
狭い足場でしゃがんでの作業ですから、坐骨神経痛持ちにはツライ。。。

ま、完了です。

6完了


このようにすでにマイカ線が設置している場合はいいんですが、この3連棟は去年増設しましたので、まだマイカ線がないんですね。
なので、マイカ線を新たに取り付ける必要があるわけでして、これが坐骨神経痛持ちにはツライ。。。

7マイカ線がない

この画像の雨樋の上で、足元に結び付けるわけです。
その前に、アーチパイプの上を越して反対側に断端を持っていく必要があります。
なので、無患子さんがご執心のヤクルト大作戦であります。

あらかじめ長さを測って切りそろえます。

10マイカ線長さ


束ねたマイカ線を上に運び、結んだマイカ線の反対にヤクルトであります。

8マイカ線とヤクルト


これを投げまして、アーチパイプを越します。

9ヤクルト投げる

風で多少斜めになっても、あとで修正は簡単ですから、とにかくマイカ線がなければビニールは広げられませんので、嫌な作業でも仕方ない。。。
全部で140本でした。

おかげで、坐骨神経痛がひどいのなんのって、今日など本業していても脂汗。



ま、そんなところで。


では出羽。。。


このページのトップへ

ビニールの季節

さてさて、日にちは過ぎまして、そろそろ雨除けビニールを準備しなければなりません。

とりあえずは例のジョイントの所から。

アーチパイプの端にローラーを取り付けます。

1ローラー


これに畳んだビニールを通して、引っ張ります。

2ビニールかけて

下には畳んだビニールがとぐろ巻いていますね、当たり前。
3ビニールとぐろ

ま、誰か下にいればいいんですが、しかたない。。。

でこれをアーチパイプ峰の上に引っ張るわけです。

4峰に引っ張る

そして、端っこまで。

5引っ張り終了

明日あたりに広げますから、とりあえずところどころ縛ってあげたままにしておきます。
風でずれないように、きっちり結んでおきます。

6留めました


さ、これで広げるだけですね。


腰と足が痛くて(坐骨神経痛)なかなか楽じゃない。。。

ま、仕方ない。。。






こんなところで。



では出羽。。。

このページのトップへ

いわゆる「黄色いさくらんぼ」の正体

さて、今シーズン初めて開花した「黄色いさくらんぼ」なんですが、、、

しおさんとの会話中にこれはいったい何?という話になりまして、ちゃんとした品種としての{黄玉」と比べてみようと。

丁度昨日は東京までピストン(クランク360度)でしたから、「さくらんぼ東根」駅にある黄玉と比べてみようと。
なので、おのぼりさん気分であります。

東京滞在は4時間ばかり。
たまにはこういうところにも来なきゃね。
というわけで、銀座であります。

1松屋

丁度このブランドとタイアップキャンペーン(?)なので、建物がこのロゴで飾ってあります。
まぁ、こんな本革じゃない合皮のバッグにありがたみは感じないんですが、みなさんお好きのようですね。
「蓼食う虫も好き好き」でしょうかね?

反対側には林檎のお店であります。
前出のロゴが反射して、画像としては面白い。

2アップル

その隣は、日本が誇る真珠の店であります。
御木本幸吉翁の記念碑もさりげなく立っています。

3御木本



まぁ、銀座といえばここですよね。

4和光

中に入ってみると、油紙に火をつけたように喋り捲る一団が居まして、高級感が台無しであります。
インバウンド経済もいいんですが、雰囲気を壊すようなデリカシーのない中国外国人は嫌だなぁ~

おっと、忘れちゃいけない。
銀座4丁目と言えば、音楽をやる人間なら忘れちゃいけない山野楽器であります。
和光の正面から看板だけですが。。。

5山野楽器


新幹線が4時丁度ですから、急いで東京駅であります。

6駅

7時にはさくらんぼ東根駅到着でありました。






閑話休題

黄色いさくらんぼでしたね。


さくらんぼ東根駅前には、天香園で管理している桜桃樹がありまして、観光客に見せびらかして楽しんでもらっているわけですが、
その中に「黄玉」はあります。

7黄玉

昔はウチにもあったんですが、随分前に伐採しましてもうありません。
てか、黄玉自体が昔の品種ですから、新たに植える人はいないわけです。

久しぶりにまじまじと見てきました。

葉に蜜腺が確認できますね。

8黄玉蜜腺

ちゃんと赤であります。

花はこんな風

9黄玉花

佐藤錦とかナポレオンとかによく似ています。
決して月山錦とか寿錦とは似ておりませんね。

というわけで、ウチにある「黄色いさくらんぼ」であります。
SS印のコルト台4年生です。
今年初めて開花しました。
(以下の画像は時間軸が逆転しておりますが、これは今朝の農薬散布前に撮影したものです。)


10黄色いさくらんぼ

花に寄ってみると。。。

11黄色い花

これの蜜腺は

12黄色い蜜腺

ね、ね、、、
黄色ですね。

花の形も月山錦そっくりであります。

ということは。。。。

市中の苗木屋が月山錦として売った場合、パテントを持っている天香園にパテント料を支払うことになり、それを回避するために
「黄色いさくらんぼ」として品種不詳の苗木を流通させている、ということでしょうね。

なるほど。。。
そういう訳か。


これで、この黄色いさくらんぼを収穫期まで観察してみる必要が出てきましたね。
ホントに月山錦であれば、、、


黙ってよう


ま、そんなところで。




では出羽。。。


このページのトップへ

まぁ、仕方ない。。。

実験畑の新たな雨除けハウスも完成しまして、来シーズンはさらに期待が持てそうなんですが。。。


1ハウス


2ハウス





問題はこれです。

昭平紅

3棚

一見したところ悪くなさそうですが、、、

4房表

実は裏面はこんなん。。。

5裏

ね、ね、わかりますよね。

色が付きませぬ。


大きさは悪くない、てかカタログサイズで形もまぁこんなもん。

6重さ






いつものことですが、、、、

来年がんばろ!!


ま、そんなところで。




では出羽。。。




このページのトップへ